『ほぼ薬が不要に』頭痛が治りました

頭痛薬を飲む回数が激減、頭痛の頻度は半分以下になりました

突然襲ってくる頭痛、続く時は3日間は頭痛薬を飲みながら耐えて過ごす日々

1ヶ月で1箱(24錠)を使い切ような生活でした

そんな生活に大きな変化が起こりました
頭痛の頻度は半分以下になり頭痛薬を飲む回数が激減したのです

時間もお金もかからない方法です

方法は

1日に数回、緑の画面を見ることです

目次
  1. 緑の光と頭痛の関係を発見したきっかけ
  2. 薬なしで頭痛を治すためにしたこと
  3. 経過観察
    1. 具合が悪くなった日
    2. 1日の中で緑を見ている時間
  4. 頭痛と緑のキーワードでネット検索した結果
  5. まとめ

緑の光と頭痛の関係を発見したきっかけ

たまたま見たメンタリストDaiGoさんのYouTube『6割も頭痛を減らす方法』

ただこの動画で紹介されていた緑色の照明は2万円以上と高額で、試す勇気はなく😅 時は過ぎました

そんなある日

鎮痛剤を買うために、立ち寄った薬局の薬剤師さんから、薬物乱用頭痛なるものがあると教えてもらいました

月に10日以上鎮痛薬を飲み続けている人は要注意

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/understand/headache/type04.html

ロキソニンS 

完全にわたしのことです

そこで、鎮痛剤を飲まずに耐えたのですが、辛い〜 痛い〜 吐き気が〜

ふと思い出したのが、緑の光のことです

薬なしで頭痛を治すためにしたこと

毎日、Mac(パソコン)を使っているので、 ターミナルというアプリケーションを緑に変えました

これだけです

スマートフォンの待ち受け画面も緑にしました

パソコンやスマートフォンのディスプレイの液晶に光が定量に含まれています

経過観察

パソコンとスマートフォンのディスプレイを緑に変えた後、2ヶ月以上頭痛薬は不要、頭痛を感じた日を記録しました

具合が悪くなった日

緑の光を初めて2ヶ月以上経過し、調子が悪くなった回数は2回、薬は不要でした
以前の頭痛頻度からすると、半分以下です

  • 横になりたくなるくらい調子が悪かった日が1日(鎮痛薬は飲まずに治る)
  • なんとなく怪しげな雰囲気(頭痛の前触れの感覚)の日が1日(朝起きたら怪しげな雰囲気は消えていました)
追記
  • 2021/06/12  朝に怪しげな雰囲気を感じてから6/14の朝まで、薬を飲まなくてもなんとか耐えられるが違和感が続く(2日間の違和感は久しぶりに長かったです)
  • 2021/07/19  夜中の頭痛に我慢できず、薬を飲んで寝て、朝起きたら治っていました
  • 2021/08/25  朝からちょと怪しげ、お昼前ですが今日はお休みしよう! そして愛犬とアマゾンプライムビデオを見ながらゴロゴロしてたら、治りました😅
教訓

頭痛薬1回分が家にあってよかったです。 何ヶ月も頭痛薬を飲んでいなかったので薬がよく効きました

念の為、薬は常備することにしました

1日の中で緑を見ている時間

緑を見ている時間は平均30分程度です

日によりまちまちで、ほとんど見ない日もあれば、2時間近く緑の画面を見続けている日もあります

頭痛と緑のキーワードでネット検索した結果

  • グリーンライト光治療が片頭痛をやわらげる
  • 緑色だけを通すサングラスが片頭痛をやわらげる

緑の光が片頭痛に効果があるらしいことがわかりました、ただ緊張型頭痛にはあまり触れていません

片頭痛だけに効果があるのか? それとも緊張型頭痛にも効果があるのか?

わたしは以前ペインクリニックで緊張型頭痛と診断されたことがあり、緊張型頭痛だと思っていましたし自覚症状から判断すると緊張型頭痛の可能性が高いと思います

わたしが片頭痛だったので効果があったのか、それとも緑の光が緊張型頭痛にも効果があるのかは定かではありません

まとめ

全ての人に効果があるかとは思いませんし
全く効果がないかもしれません

でも、
緑色の光を見るだけです
スマートフォンの待ち受け画面を緑色にするだけで試せます
時間もお金もかかりません

わたしの場合、ほとんど薬を使わず頭痛が激減しています