PV280以下記事数10ブログ初心者が1か月以下でアドセンスに合格できた理由分析

PV280以下、記事数は10、ブログ初心者 1か月も経たずアドセンス審査に受かった理由を、自分なりに分析しました。

合格を目指している方の少しでも参考になれば嬉しいです。

情報の共有

結論は記事の内容、サイトの出来栄えは、関係ない!!

  •   はじめに
  •   アドセンスとサーチコンソールに関して
  •   記事の内容や、サイトの出来栄えは、関係ないと思う根拠
  •   自分が対策していること その理由
  •   AdSenseユーザーエンゲージメントガイドについて

はじめに

私の作ったサイトは,公開しているのが恥ずかしい程のシンプルさ(お粗末さ)、記事は一貫性も専門性もない、ただの日記のような内容。 そして総クリック数が280にも満たない状態です・・・しかも半分くらいは自分です。

見る人がいないから、好きなように書いているサイトです。

私のサイトに広告をはっても、Googleにはメリットは皆無です。

私がサイトを作った理由は、広告収益ではなくWEBサイトを作るスキルとライティングのスキルを独学で勉強しようと考えたからです。

HTMLとCSSの言語を勉強するればいいと思っていましたが、大間違いで、私は迷走状態になりました。詳しく書くと長くなるので・・・

要するにSEO対策の勉強が必要だからです(サイトを作る目的は沢山の人に見てもらうためですから)

WEBサイトを作る側も、SEO対策ができている必要があります。

SEO対策の一番のポイントは、記事の内容です。

でも・・・投稿方法にもGoogleが推奨しているポイントがあるからです。

私はwoodpressを使って投稿していますが投稿時の気を付けていることが、合格のポイントだと思っています。

アドセンスに関して

アドセンスとはGoogleがサイトに広告をはり、サイトを見た人がその広告をクリックすると、1クリックで数十円がサイトの運営者にはいります。

サイトに訪問して、クリックする人が多いと、収入が増えます・・・ご存知ですよね(笑顔)

この広告をはるためには、Googleの審査に受かる必要があります。

この審査基準に関する正確な情報がなく、2年程の周期で大幅に変更されるようです。

以前の記事で、サーチコンソールを調べた記事のを書きました(リンクしてます)サイトのエラーが原因でした。

 

私が実践したことは、サーチコンソールのヘルプに書かれていたGoogle推奨の内容です

GoogleSearchConsoleとはサイトのパフォーマンスを管理してSEO対策ができるGoogleが無償で提供しているツールです

Twitterでフォローしているジュンイチさんのサイトが初心者の私に、とても分かりやすかったです。

こちらがジュンイチさんの記事です

記事の内容や、サイトの出来栄えは、関係ないと思う根拠

スバリ・・・自虐的ですが・・・私のサイトが合格したからです(笑顔)

ということは、合格できた理由は・・・

できる限り、Googleの推奨していることを、自分なりに考えて、投稿するときに注意していたからです。

人が、じっくりとサイトを吟味しているのではなく、ロボットが判定しているのでは???

合格だけが目的なら、現時点ではロボットに読みやすいサイトが有利だと思います。

自分が対策したこと、その理由

SSL通信を利用しました

理由 個人的にサイトを見た時にたまに出てくる「セキュリティーで保護させていないサイトです」という表示にドキッとした経験からです。(高齢者はセキュリティーに敏感です)

記事を投稿したらすぐにサーチコンソールを使って、記事のURLを報告しました。

理由 記事数が少ないから、すぐにロボットに見つけてもらうためです。

記事は少ないですが、カテゴリーを作り、パンくずリストが作れるプラグインをいれました。

私はBreadcrumb NavXTというプラグインですが、ネットで検索するといろいろあります。(実は、これはTIMETIKETというサービスを使って先生に教えてもらいました)

理由 推奨されているキーワードが断層構造にすること、だったからです。

WordPressで投稿するときに気を付けていること。

1 h1(見出しになります) 読者を意識した分かりやすい内容とキーワードにします。 見出しの下の文書の書き出しの部分は、見出しに関する説明文(P要素)を入れるようにしています。

2 段落は 見出しの2からです(見出し1にしないほうが良いです)この見出しで断層構造を考えた文章にすることが大切なようです。

太字にするために段落を使うのはNGです。

3 タイトルのところは、実際の投稿に反映されませんが、ロボットのための情方なので、キーワードを入力しましょう。

4 デスクリプションの場所です。検索表示された時に表示される可能性が高いので、伝えたい内容を要約し、まとめて書きましょう。

5 アイキャッチ画像を投稿するときは、写真の説明をロボットのために書きましょう

6 カテゴリーを作って分類しましょう。

追記 投稿ページ上 パーマリンクの日本語部分をローマ字に編集をしましょう。

方法がもし不明の時はコメントしていただければ、できる限りで対応しますが、なにしろ私が初心者なので、ネット検索がベストだと思います(すみません)

AdSenseユーザーエンゲージメントガイドについて

 

GoogleのSEO対策の提案が書かれています。

簡単にまとめました。

記事内容についてです。

一貫性があり、個性を出すこと、読む人の関心や興味のある内容にすること。

ただ、自分がその分野に関してエキスパートでなくても良いとのことで、読む人がそのことに関心をもつ内容にして、エキスパートのサイトにリンクをすることを推奨しています。

これから記事の内容を充実しないと・・・迷走はつづきます(汗)

以上です。

これから合格を目指す方、目指されたいる方の、少しでもお役にたてれば、嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

素人がGoogleサーチコンソールを研究しました。

素人がGoogleサーチコンソールを研究しました。

Googleからで、カバレッジの問題が新たに検出されましたとメールがきました。

なんのこと??? Googleサーチコンソールからのメールでした。

そうだ

意味もわからずに設定したGoogleサーチコンソールのこと詳しくを調べてみよう。

通称 サチコ

 

Googleサーチコンソールで何ができるの

 

Googleサーチコンソールにインデックスの登録をリクエストします。(どういうこと?)

作ったばかりのサイトを Googleサーチコンソールに登録し、できるだけ早くGoogleで検索できるようにします

サイトを巡回しているGoogleロボットに見つけてもらい、ページを登録(インデクス)してもらってはじめて、検索表示されるんですね。

Googleはリンクをたどってインデックスするので作ったばかりのサイトだと見つけてもらうのに時間がかかります。

だからサイトをつくったらすぐに、Googleサーチコンソールを使ってサイトを報告し、インデックス登録をしてもらいます。

ちなみに、先にGoogleアナリティクス登録をしたほうが簡単にサイトを登録(プロパティ追加)できます。

次に、記事を投稿した後もGoogleサーチコンソールに報告しましょう。

新しいサイトの場合はロボットに見つけてもらうのに時間がかかるので、自分からアピールです。

方法はwordpressにGoogle XML Sitemapsのプラグインを入れ、有効化。

Googleサーチコンソール旧タイプ表示からFetch as Googleでリクエストします

 

Googleサーチコンソールから不具合がないか等のメッセージが届く

今回、私が受け取ったメールです。エラー404、放置してもいいようなのでそのままにしています。

そのほか、ハッキング、スパムなども監視してくれます。

携帯画面での表示に問題がないか監視しています(モバイルユーティリティ)。

そして、不適切、不正等があった場合のペナルティー報告です。

 

Googleサーチコンソールで来店者の動向やアクセスアップのヒントがわかる。

 

検索パフォーマンスが確認できます

何回クリックされたか(トラフィック数)

表示回数 (検索キーワードで表示された回数)

この数字が少なければ、そもそも設定したキーワードで検索する人が少ない

クリック率CTR(低い場合は、検索には表示されたけど、クリックされなかった・・・)

掲載順位 (この順位が高くてもCTRが低いといつことは・・・メタディスクリプションを読んでクリックされなかったってこと・・・)

結果をもとに、これからの対策を考えるんですね。

 

どんなキーワードで検索されたか(クリエ)

日々のアクセス数はwordpressのJetpackで確認できます。

自分のサイトにリンクしているサイト

 

余談ですが

site:のあとにURLを入力(例site:koro-koro.com)検索するとGoogleでのそのサイトがどのように認識されているかが、すべて表示されます。

(私の場合・・・ショック・・・これはダメだ・・・何とかしなきゃ・・)

自分を検索しても表示されなかったら、まだGoogleにインデックスされていないということです。

私の検索表示は、投稿するときにメタディスクリプションを入力していなかったからだと思います。

メタタグも、Googleが内容を認識するために有効かもしれません。

サーチコンソールに反映するには、時間がかかるようです。チェックは、月に一回程度で大丈夫みたいです。

コンテンツを変更するときは、インデックス登録のためにGoogleサーチコンソールの出番ということですね。

Googleサーチコンソールのヘルプで、GoogleからSEO対策で提案されていることを読みました。(自分なりの解釈です)

 

最も重要なことは記事の内容の充実。

検索する人の役に立つもの、独自性があるものが良い

見やすいサイトにする

見出しを使って、重要なポイント伝え、階層化することで、内容を分かりやすくする。

タイトルは、簡潔で内容がわかりやすいものにする。視覚も重視されているようです。

検索結果とタイトルは関連性の高いものになっているか意識する。

ここで、たぶんメタタグ、メタディスクリプションが重要かと思います

リンクを貼り付けるときは、リンク先の説明を加える

携帯でも見やすくする

キーワードを統一すること (見出しの2と見出し3にもキーワードを入れると良いのかも)

画像を投稿するときは、画像の説明を文字で入力する(ロボットがわかるようにする)

マークアップする(???なので、これからの課題です)

 

簡潔にいうと

 記事が充実した内容で 検査ロボットにもわかりりやすい構成にする。

・・・これだけですね(汗)

 

HTMLの勉強をするにはGoogle検索を意識した、タグが必須!!!

道のりはながいです。

わたしの記録サイトになってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

HTMLとCSSへの挑戦

もしも専門家の方がみたら、笑わないでくださいませ。

そして親切な方、どうか間違って理解していたら教えてください。

アドバイスがあれば,ぜひともお助け下さいませ。

 

素人53歳の挑戦です。

目的はHTMLとCSSを勉強し、自分のサイトをカスタマイズすること。

ブログを更新する理由は、書き慣れる為です(汗)

今日設定したこと。

ATOMのインストールと基本的な機能を調べる。

ATOMとは

拡張性が高い編集するための、無料ソフトウェア。

HTMLやCASSの予測変換ができる機能(パッケージ)がある。

パッケージはwordpressで言うとプラグインのようなもの

インストールの仕方

https://atom.ioでインストールができる。

 

注意事項(失敗したこと)

セットアップしたはずのATOMがない・・・どこを探してもない(汗)

結局、私には探せなかったんです。

やり直しました。

ダウンロードファイルをセットアップしたらすぐに、タスクバーにビン止する方が良いです。

それ以外でしたほうが便利なこと

プログラミング用のフォントをインストール。

理由は数字の0とアルファベットのOなど、間違いやすい文字をわかりやすく表示してくれるのから。

私は ricty diminished をダウンロードしました。

ダウンロード後のricty diminishedに選択肢がたくさんありますが、Regularで良いそうです。

次に、PC側でファイルの拡張子を表示する設定に変更する

(PCのエクスプローラから表示を選択しファイル名拡張子にチェックをつける)

ちなみに、ATOMは英語なので、日本語にするためのパッケージを入れました。

お世話にはなったサイトです こちら

ATOMの設定画面でフォントをricty diminishedに変更する。

 

ATOMの設定画面

テーマで画面の色などが変更できます。(黒だったので、白い画面に変更しました)

あとは使ってから・・・

ファイル作成や保存に関してはWORD(Writer)とほぼ同じです。

ATOMにはHTMLやCSSの予測変換ができる機能(パッケージ)が標準で入っているので設定は不要です。

言語(HTMLやCSS)ごとにもっと細かく設定できるので、こちらもこれからです。

操作をする上でショートカットキーを覚えていく必要があります。

よく使うキーも、徐々にリライトしていきたいと思います。

 

1000文字にも満たない内容となりました(汗)。

パソコンと、にらめっこのクリスマスでした・・・