フロスと歯間ブラシは両方使います「歯周病にはなりたくない」

人生を振り返っり後悔していること、それは若い時に歯周病予防を意識してケアするべきだった!!

ショック

一度歯周病になると元の状態に戻らない
アルツハイマーの原因は歯周病菌?
心筋梗塞、脳梗塞も歯周病が原因?

なんとか歯周病を予防しなくては!! すでに歯周病ならこれ以上悪化させない!!

目次
  1. 歯周病とは?
  2. なぜ歯周病は怖いの?
  3. 歯周病を予防する方法は?
    1. 念入りに歯を磨く
    2. 歯周病ケアに適した歯ブラシを選ぶ
    3. 定期的に歯科検診を行う
  4. 余談です
  5. まとめ

歯周病とは?

歯周病は『歯周病菌』が原因で歯茎や骨が溶けてしまう病気です

『歯周病菌』は食べ物のカスなどから発生する歯垢に含まれています

日本人の約8割は歯周病だといわれていますが、歯周病の怖さはあまり知られていません

歯周病は口臭の原因にもなり、50代で約30%が歯周病が原因で、部分的な入れ歯を使用しています

なぜ歯周病は怖いの?

歯をなくす原因のナンバーワンである歯周病
でも自分で歯周病と気づいていない方がほとんどです

歯周病の初期症状はほとんどなく、痛みを感じた時は手遅れになっている場合があります

歯茎が腫れて歯磨きをするときに血が出るようになり
進行すると膿がではじめ
そのまま放置して悪化すると
あごの骨が溶けて歯が抜けてしまします
入れ歯になっている方のほとんどは、歯周病が原因です

歯周病が原因で入れ歯になった場合は、あごの骨が溶けている状態のため
入れ歯が浮いてしまい、食べるときに大変苦労をするそうです

歯周病は悪化するほど進行するスピードが早くなり
歯周病菌は血管をわたって全身にいきわたります
口の中だけでなく全身の健康にも悪影響を及ぼします

歯周病菌の一つがアルツハイマー型認知症と関係していたり
歯周病菌が原因で心臓病や肺炎、糖尿病、早産などを引き起こす恐れがあります

しっかりと歯周病の予防をすることが大切です

歯周病を予防する方法は?

手遅れにならないためにも、日頃から歯周病の予防をおすすめします!

歯周病の予防方法です。

念入りに歯を磨く

歯周病予防には歯磨きで歯垢を取り除くことが大切です

歯垢がつきやすいのは歯と歯の間、歯と歯茎のさかいめです、かみ合わせを意識しながら歯磨きをしましょう。

注意

力を入れすぎず、歯ブラシは毛先を歯にしっかりとあて、1本ずつ丁寧に歯を磨きます。

ポイント

クロスと歯間ブラシ合わせて使いましょう!
歯と歯の間の汚れをおとすことが重要です

フロスは歯と歯の隙間に糸を通して、糸を行き来させて食べカスをこそぎとります
歯間ブラシは歯と歯の隙間が大きい部分を担当します

  1. 口をゆすぐ

    外出先など歯磨きができない場合も、口をゆすぐだけで、ある程度の食べカスは取り除けます

  2. 歯間ブラシで食べカスを取り除く

    歯間ブラシが通らない箇所は無理に通す必要はありません

  3. フロスは全ての歯と歯の間に通し、残っている食べカスをこそぎとります

  4. ちなみに、奥歯にフロスを通すことが難しい場合、こちらのタイプが便利です

  5. 丁寧に、優しく、歯を磨きます

    歯磨きの力が強いと、歯茎が傷つき、歯茎が下がり、歯もすり減ります

歯磨きの際は歯茎の腫れがないか確認しましょう

健康な歯茎はピンク色をしていますが、腫れた歯茎はぷよぷよとしていたり、赤く腫れています

歯周病になると、口の中のねばつきや口臭を感じることがあります

特に睡眠中は唾液の分泌が減るため、口の中に細菌が発生しやすくなります

寝る前は特に丁寧に歯磨きを行いましょう

歯周病ケアに適した歯ブラシを選ぶ

歯ブラシを選択することが大切です

歯周病ケアには奥まで届きやすく、毛先が小さめの歯ブラシがおすすめです!

毛が固いと歯茎を傷めてしまう場合があるため、できるだけ毛のやわらかいものを選びます

電動歯ブラシを長期的に使うと歯がすり減る恐れがあるため、普通の歯ブラシがおすすめです

定期的に歯科検診を行う

毎日自分で歯磨きをしていても、全ての歯垢を取り除くことは難しいです

また、歯垢がたまると歯石になり、歯石は歯磨きでは取れません

定期的な歯科検診で、歯垢を取り除き、早期に虫歯や歯周病を発見してもらうことは
結果的には治療にかかる時間やお金を節約できます

参考に

余談です

こちらの商品を愛用していました
追記:以前使っていたタイプはプレミア価格になっており、新式に変更しました
歯の隙間まで水力で洗い流せるので、フロスや歯間ブラシは必要なく、簡単です

水流は弱での使用がおすすめです

ガーン!

歯茎が弱くなってきました
歯科衛生士さんから、わたしの歯茎には水流は強すぎるため『歯茎が下がり』『歯がすり減る』とのアドバイがあり😂 
今はフロスと歯間ブラシでケアしています

まとめ

歯周病になることは、大病をわずらい、生活の質を低下させるリスクを背負うことと同じです

日頃の歯磨きで歯周病を予防することができます

自己投資だと思って、定期的に歯科検診を受け、歯周病を予防することをおすすめします

結果的には、将来の治療費の節約につながります